お知らせ

お知らせ

現在運行中の快速エアポート車内に、

現在運行中の快速エアポート車内に、 赤電・711車内の広告が掲出されているのをご存じですか?   なにを言ってるのか解りにくいですが(笑)   「鞄いたがき」をご存じでしょうか?   昔ながらの製法で、ひとうひとつ職人がハンドメイドで作り上げる革製品にはファンも多く、今や北海道を代表するレザークラフトとして高い評価を得ています。同じ空知で赤平市の企業ですが、知名度は全国区。   赤平と赤電繋がり?という事では無いと思いますが、 現在運行している快速エアポート車内に 「鞄いたがき」の額面広告が掲出されております。   2月に赤電車内でこちらの広告用写真の撮影が行われました。   赤電の一両は、完全な形で車内を運用時のまま残す事にしており、このような車内イメージの撮影も打診が有れば撮影可能な状態にして維持しております。   今年も補修作業がいよいよスタートしますよ!   快速エアポートで「鞄いたがき」の広告をご覧になった際は、是非赤電のことも想い出してみてください。   鞄いたがきWEBサイト https://www.itagaki.co.jp/home/

赤電を保存している岩見沢上幌の大地のテラスで、日曜限定でとまとまラーメンの提供が始まりました!

赤電を保存している岩見沢上幌の大地のテラスで、日曜限定でとまとまラーメンの提供が始まりました! トマトベースの平打麺で、パスタの様なラーメンでとても美味しかったですのでオススメです! 保存会では赤電ラーメンと呼ばせて頂きます。 赤いトマトスープにクリーム色のパルメザンチーズで色も赤電です! 是非よろしくお願いします!

今年は豪雪地帯の岩見沢も雪が少ないですね〜。

今年は豪雪地帯の岩見沢も雪が少ないですね〜。 という訳で点検がてら車内を軽く清掃に来ました。雪解け後からの作業優先箇所をチェック。 皆様に御注意です。 木製ホームの上が凍って滑りますので、見学される方は御注意ください! よろしくお願いいたします。

クハ489-501 ボンネット型特急電車の保存活動をされている

クハ489-501 ボンネット型特急電車の保存活動をされている ボンネット型特急電車保存会 事務局長の岩谷さんが新たなプロジェクトをスタートしました。 岩見沢と小松市は離れておりますが、同じ鉄道車両の保存活動をする先輩として同志として是非協力したいと思っており、今回のプロジェクトを紹介させて頂きます。 賛同される方にご支援頂けると幸いです。 hhttps://readyfor.jp/projects/yo5003/announcements

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。 岩見沢市栗沢町上幌のファームレストラン大地のテラスに静態展示しているJR711系「赤電」 今年も世話役一同、保存や活用に邁進してまいります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 岩見沢赤電保存会世話役一同

日曜日、11月下旬とは思えない10℃越えの気温でしたので、パテで穴を補修した跡と防錆剤処理をしていて下地塗装がまだだった場所を急遽塗装しました。

日曜日、11月下旬とは思えない10℃越えの気温でしたので、パテで穴を補修した跡と防錆剤処理をしていて下地塗装がまだだった場所を急遽塗装しました。 2名での作業でなんとか出来る所まで。 せめて赤塗装まで進みたかったですが、16時には暗くなるのでタイムオーバー。 残りはまた次回に持ち越しです。

久々の投稿になります。

久々の投稿になります。 世話役各人多忙が続き、なかなか一斉作業になりませんが、作業可能な人が時間を見つけてちょこちょこ作業を続けております。 昨日は以前から気になっていた、恐らく腐食が原因で窓の桟近くが盛り上がっていた箇所を分解しました。 やはり分解してみると錆が育ち、ミルフィーユ状の錆に押し上げられていたのが原因でした。 錆をスクレイパーで除去。まだ綺麗な金属面が出て来るので、芯は大丈夫! グラインダーで鉄の素地まで出してアルミパテで凹凸を埋めて処理。 水が入ったとしても排出されやすくするためです。 コーキングが打ってありましたが、走行中の風圧で水が入るわけでも無く、もう走行する訳では無いのでコーキングは使いません。 保存車は水が溜まらない様にするのが一番です。 水が抜けにくいと、この様に錆が育ちます。 目立たないけどこういう箇所の処置が大切なんです。 中から来てる錆が外から見て目立つくらいになると、相当重症化してるという事ですので。 また、現役時代と同じ補修方法が静態保存車にベストなわけでも無いです。