今日はパテ処理作業です。

今日はパテ処理作業です。
風が強くてドアの開放はいたしません。先日車内清掃済みで車内に埃や塵が入る為です。
また、パテ施工は硬化時間との戦いですので、一人作業の為対応も不可ですので御理解ください。
手の空いてる時、パテと硬化剤を混ぜる前なら対応します
基本的に仕上げ用パテを使う場所は、極端にヒケの有る所とか凹みや段差が有る所のみです。
パテも紫外線の影響で劣化するので、現役時の様に全面にパテをモリモリにはしません。
将来的に劣化後の補修作業がエライ事になりますから。
やり方はJRなどは錆補修後に錆止め(よく見る茶色い塗料)のあとにパテを盛り塗装ですが、
我々は錆補修後に防錆剤処理をして一手間工程を増やしてます。
営業車両ですから、現役時代は短期で整備して早く運行する事が先決ですから、補修も運行に問題が無ければ簡易的な補修に留まってます。
基本的に新造時のパテはずーっとそのままで、廃車まで塗装も塗り重ねです。
運行してお客さんを運んでナンボですから実に正しいと思います。
鉄道会社はレストア屋さんでは有りませんからね。
そんな事も整備していると色々見えて来て楽しいですよ〜。
 
 

今日は去年途中で終わっていた前面の補修作業です。

今日は去年途中で終わっていた前面の補修作業です。
先日購入したベルトサンダーで、グラインダーが入らない箇所のパテとサビ落とし作業。
ホントは錆止めとパテ盛りまで行く筈でしたが、大雨が降って来たので途中で撤収。
削って鉄の出てる所はすぐ浮き錆が出て、見てくれがまた悪くなりますが、浮き錆はすぐ取れてダメージにもなりませんので、また騒ぐ人が出ない様にそこんとこお願いします(笑)
塗装は全工程の仕上げであるという補修の常識でございます。
削った粉が雨で流されて綺麗になるな(ポジティブw

facebook

 

夜なべの内職的に、製造中~

夜なべの内職的に、製造中~

オリジナルグッズで一番人気なのが「思い出の欠片」・1個500円です。

大地のテラスで保存した翌年から剥がれ始めた塗装片・ホンモノの赤電を小瓶に詰め合わせました。

蓋を開けるのと漂うのは国鉄の香り!?、とも言われます(笑)。

現在、オリジナルグッズを取り扱いいただいている岩見沢市観光協会さんでは品切れとなりご迷惑をおかけしております。

今しばらくお待ちくださいね。

facebook

 

本日は風も強く、初めてお手伝いに来てくれた会員さんも居りましたので、車内の床の拭き掃除と床ワックスを施行しました。

本日は風も強く、初めてお手伝いに来てくれた会員さんも居りましたので、車内の床の拭き掃除と床ワックスを施行しました。
お陰で床はピッカピカになりました。
なかなか車内や細かい所まで手が回らないので助かりました。
雨やら強風やら作業が進まない事も有りますが、地道に作業を続けます。
#クハ711203
#クハ711103
#岩見沢赤電保存会
#直し鉄

facebook