本日も補修しております!

本日も補修しております! 好天に恵まれた4連休、大地のテラスはお客様で大にぎわい。夏を思わせる日差しの中で、本日は保存会員2名で車両の補修を行っております。 錆びた外板を磨き下地塗りをする作業、いよいよ補修作業も佳境に差し掛かりました。 錆を落として磨き、グレーの下地塗料を施します。そして上塗りをすれば、再びあの赤電の輝きがよみがえります。 引き続きみなさまのご支援ご協力を、お願いいたします。

北海道はようやく涼しくなってきましたが、本州はまだまだ暑い日が続きますね。

北海道はようやく涼しくなってきましたが、本州はまだまだ暑い日が続きますね。 場所と車両が違っていても、同じく鉄道車両の保存活動をする方達を応援したくなります。 ここ数週間、作業が遅延してましたが赤電も頑張ろう〜。

赤電にもお手伝いに来てくださる、大先輩の増田さんが運営する狩勝高原エコトロッコ鉄道。

赤電にもお手伝いに来てくださる、大先輩の増田さんが運営する狩勝高原エコトロッコ鉄道。 先週からついに電車が運行を開始しました! これから本格化する紅葉シーズン。紅葉狩りのついでに、いや電車トロッコを乗りにゆくついでに狩勝へ紅葉狩りなんて如何でしょうか?

濡れてもすぐ乾くところはさほど錆が進行しませんよと何度か話してますが、こんな感じです。

濡れてもすぐ乾くところはさほど錆が進行しませんよと何度か話してますが、こんな感じです。 ぱっと見酷い錆のように見えますが、簡単に落ちます。 本当は塗膜を剥がしてケレンの後にすぐサビ止め・下地塗装が出来れば良いのですが、時間や作業する人手が足りないなどで進められない場合は放置しても問題ありません。 但し、この動画のように再度錆落としの作業が発生して、工程が増えてしまいますが焦って中途半端な作業をするよりは良い場合もあります。 因みにこの箇所は本日下地塗装まで済ませました。   錆の特性を知れば、早急に処理が必要な場所、少し放置しても問題の無い場所の判断が出来ます。早めに処理が必要な箇所が勿論優先です。 焦って雑な作業もしないことですね。 焦らない事もとても大事です。   #直し鉄